ハンドケア

NHKのきれいの魔法でネイルアーティストの渡邉季穂さん直伝のハンドケアがやっていました。 ハンドクリームを付ける前に手の甲をスクラブ剤で軽く硬くなった角質を優しくクルクルと取り除いていました。特に角質が溜まりやすい関節部を念入りにクルクルしていましたよ。 後はぬるま湯で洗い流す。

それだけでかなり手がツルツルスベスベになるそうです。その後、大きめのコットンに化粧水を浸したものを手の甲につけて暫く置いていました。で、ようやくハンドクリームの出番。 手の甲に空豆大の大きさのクリームをつける。 手の甲同士を合わせてなじませる。

指をねじりながら関節を伸ばす感じでクリームをなじませる。 残った分で掌になじませる。 以前、手タレの方がハンドクリームが浸透しやすいように掌で温めてから塗布すると言っていたのでそれを実践していましたが、掌の部分に多く付くのでベタベタするし、ちょっともったいないなーと思ってたんですよね。 これだったら無駄なく手の甲を保湿できると思います☆