妊娠中にも夫婦仲を円満に保つには

妊娠中ですと、女性はつわりやお腹の張りなどで性欲が失われがちです。しかし男性は、妻が妊娠しているかいないかにもかかわらず常に性欲はあるわけですから、約10ヶ月にも及ぶ長期間ずっと我慢させるのは可哀想なことですね。実際、夫の浮気も妻の妊娠中に多く起こる事が多いという例からも納得できることでしょう。

やはり妊娠中でも、夫の気持ちを思いやり、夫婦のコミュニケーションをしっかりとる必要があります。直接セックスをする事が困難であるならば、オーラルセックスをしてあげたり手でしてあげたりするといった方法でも良いでしょう。

妊娠中は、すでに妊娠しているのですから避妊の事を考えなくても済む訳ですから、夫婦でセックスを存分に楽しむ事が出来る貴重な期間でもあるのです。その事を踏まえた上で、母体に負担がかからないような体位や方法を最大限に活用して、夫婦の仲を円満に保つ努力をするようにしましょう。

妊娠中でもセックスをしたい夫に応えてあげる事も必要ですが、その場合いは必ずコンドームをするようにしましょう。男性の精液には子宮の収縮を促進するホルモンが含まれているのでコンドーム無しのセックスでは早産を招いてしまう危険性が高まってしまいます。その点に注意して円満な夫婦仲を維持していく事が大切です。
<関連サイト>妊娠中にやっておくこと.net