妊娠中にも夫婦仲を円満に保つには

妊娠中ですと、女性はつわりやお腹の張りなどで性欲が失われがちです。しかし男性は、妻が妊娠しているかいないかにもかかわらず常に性欲はあるわけですから、約10ヶ月にも及ぶ長期間ずっと我慢させるのは可哀想なことですね。実際、夫の浮気も妻の妊娠中に多く起こる事が多いという例からも納得できることでしょう。

やはり妊娠中でも、夫の気持ちを思いやり、夫婦のコミュニケーションをしっかりとる必要があります。直接セックスをする事が困難であるならば、オーラルセックスをしてあげたり手でしてあげたりするといった方法でも良いでしょう。

妊娠中は、すでに妊娠しているのですから避妊の事を考えなくても済む訳ですから、夫婦でセックスを存分に楽しむ事が出来る貴重な期間でもあるのです。その事を踏まえた上で、母体に負担がかからないような体位や方法を最大限に活用して、夫婦の仲を円満に保つ努力をするようにしましょう。

妊娠中でもセックスをしたい夫に応えてあげる事も必要ですが、その場合いは必ずコンドームをするようにしましょう。男性の精液には子宮の収縮を促進するホルモンが含まれているのでコンドーム無しのセックスでは早産を招いてしまう危険性が高まってしまいます。その点に注意して円満な夫婦仲を維持していく事が大切です。

妊娠中のセックスでのコンドームの着用の必要性

妊娠中でもセックスは夫婦のコミュニケーションの1つとして大切なものだと思います。

なので体がきつくない時には無理の無い程度に行為をしても良いのです。我慢をする必要はありません。

しかし、やはり注意すべきことがあります。おなかが張ったら中断する、乳首への刺激は控える、キツクナイ体位にする、子宮口を刺激しないように深く入れないなどです。

そして、コンドームは必ず着用しましょう。

なぜかと言うと、精液にはいろんな細菌が含まれています。その細菌により早産や破水を引き起こしてしまう可能性もあるからです。

また、精液には子宮を収縮される成分も含まれています。まだ時期ではないのに陣痛を促してしまっては大変です。

後悔しないためにも、膣内に射精しないためにコンドームは必ず着用してください。

私が予定日をすぎても陣痛がこないときに助産師さんには『精子に子宮を収縮させる成分があるから、コンドームをつけずにセックス

すると陣痛がくるかもしれない』と言われました。

結果的には陣痛はきませんでしたので、精子の成分や女性の収縮のしやすさにも個人差があるのだと思います。

それでもやはり、お医者さん、助産師さんの支持やアドバイスが無い限りはコンドームはしっかり装着してください。

婚活サイトとSNSについて考えています。

最近、フェイスブックなどSNSがすごい勢いで拡大していて、婚活サイトでも専用SNSを設けたりしてますね。

SNSが無かったら、婚活 大阪、東京など都会の方が圧倒的に出会いが多いものだけど、そういうハードルを取り払ってくれているからありがたいものといえますよね。
でも、両者で圧倒的に違うのは、お金が掛かるか掛からないかということ・・。

フェイスブックは、無料ですね。同じSNSならば、無料の方がいいじゃない。って思う人もいるかもしれませんけど、婚活するためにフェイスブックを利用する・・・というのは微妙ですね。
勿論、純粋に友だちの輪を広げ、その流れで恋人ができ、結婚に至る・・ということもあるかと思いますけど、婚活を目的で・・・とするのであれば、やはり婚活サイトのSNSを利用する方がいいと思います。

フェイスブックなどは、当然、既婚者もいますし、そういう出会いを求めていない人もいます。要は婚活目的でない人もたくさんいるということ。

一方婚活サイトのSNSであれば、婚活している人同士のコミュニティですから、正々堂々と婚活できますし、相手もそれなりに真剣。話が進みやすいということがありますね。また、フェイスブックなどでがつがつ婚活すると・・・嫌がられることもありますしね。

彼女 振られた!!辛すぎる…という時も、SNSサイトを見れば恋人募集中の方がたくさん・・・。これは精神的に随分助けられますよね。